NPO法人
日中資源開発協会

活動内容~2017年(平成29年)~

第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会
The 21st Workshop on materials and technologies for environmental conservation and greening

今回は、第9回NPO法人日中資源開発協会講演会と合同開催といたしました。

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-1

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-2

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-3

基調講演では、世界で活躍されている超臨界CO2染色装置(水を使わない染色技術)を開発された福井大学の堀照夫教授と石川県立大学生物資源工学研究所特別研究員のPh.D. May Sann Aungにご講演いただきました。


福井大学 産学官連携本部 客員教授 堀照夫
Prof. Teruo Hori University of fukui
演題:
繊維の革新的加工技術と繊維の金属吸着能
Innovative Methods for Functionalization of Fiber Materials and Their Metal Absorption Properties

堀教授の専門は繊維吸着ですが、昨年から同大学産学官連携本部の福山厚子博士(当協会会員)と共同研究を行っており、土壌浄化と繊維を融合させた研究も始められています。

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-4

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-5


石川県立大学 生物資源工学研究所 植物細胞工学研究室 研究員 メイ サン アウン
Ph.D. May Sann Aung Laboratory of olant cell Technology,Research institute for Bioresources and Biotechnology Ishikawa Prefecturl University
演題:
ミャンマーで期待される農業研究について
Agricultural research for Myanmar people

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-6


堆肥化・新肥料研究所代表、NPO法人日中資源開発協会理事長
石川県立大学客員・名誉教授 長谷川和久
Manure, Composting and New fertilizer laboratory,NPO Japan-China Resource Development Association,Ishikawa Prefecturl University,Kazuhisa Hasegawa
演題:
水田転換畑サトイモ栽培における地域産併用資材の効果-5ヵ年の現地試験から
The effect of regional production of mixed materials on paddy field conversion taro cultivation - From 5-year field trial

金沢大学名誉教授 田崎和江
Kanazawa University,Kazue Tazaki
演題:
汚染農業用水中に大量発生する外来付着動物・オオマリコケムシの実態;微細形態と化学組成と結晶化
Outbreak of invasive alien species of Pectinatella magnifica at polluted agricultural reservoirs, Kanazawa, Japan ; Microscopic observation, chemical composition and crystallization

福井大学 産学官連携本部 福山厚子
University of fukui, Atsuko Fukuyama
演題:
ケイソウ土を使用した切り花活性保持
The high life prolongation effect of the cut flowers in the pottery by diatomaceous earth and clay.

日本振興株式会社 環境事業部 チーフ 森大輔
Nihonshinkou Co.Ltd. Environmental Division, Daisuke Mori
演題:
Needle(未来型農法)の実現に向けた取組み
Try to practical use of Needle (future model agricultural methods)


参加人数:70名

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-7

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-8

各新聞掲載(2017年2月1日)

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-9

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-10

NPO法人日中資源開発協会「第21回 環境の保全と緑化に関わる資材・技術研究会」2017-11

★先頭に戻る

援農隊員証授与(2017年3月21日)

石川県立大学卒業式後当事務所にて、学生援農隊あぐり 笠間龍之介さん、岩佐拓弥さんへ授与を行いました。

NPO法人日中資源開発協会「援農隊員証授与」2017-12

★先頭に戻る

北國新聞掲載(2017年4月1日)

小松精練(株)製「グリーンビズ(GB)」を用いたクロマツ生育試験で、顕著な効果が有ることを確認し、北國新聞および建設工業新聞に掲載されました。

NPO法人日中資源開発協会「北國新聞掲載」2017-1

NPO法人日中資源開発協会「北國新聞掲載」2017-2

★先頭に戻る

JST主催日中大学フェア in CHINA 2017

福井大学産学官連携本部客員准教授 福山厚子氏(当協会会員)が、5月13・15日JST主催日中大学フェア in CHINA 2017(中国杭州)にて、日本振興(株)との共同研究下記演題について発表および出展を行いました。

「太陽光発電を利用した電子植栽技術による植物成長と土壌環境への影響」

NPO法人日中資源開発協会「JST主催日中大学フェアin CHINA 2017」2017-1

★先頭に戻る

マツ枯れ防止試験 中間報告

小松の全国植樹祭から2年、我々がマツ枯れ防止試験を3年前(2014年5月)から小松で実施している中間報告です。

NPO法人日中資源開発協会「マツ枯れ防止試験 中間報告」2017-1

★先頭に戻る

EM-NANO 2017国際学会
The 6th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies

EM-NANO 2017国際学会が、6月18日から20日まで福井県福井市AOSSAで開催され、福井大学産学官連携本部客員准教授 福山厚子氏(当協会会員)が発表を行いました。

「The electronic planting technology utilizing solar power generation and inorganic material has an influence on plant growth」

NPO法人日中資源開発協会「EM-NANO 2017国際学会」2017-1

★先頭に戻る

土・緑化・農・日中交流研修会

NPO法人日中資源開発協会「土・緑化・農・日中交流研修会」2017-1

今年度の農業研修会は、農業環境関連の研究他に使用されていた緑地付きの小さな施設(金沢市千田町,金沢東インター近く)を、縁があって今後『土緑化農習館』として活用することになり、現地紹介を兼ね、当館で開催いたしました。

また、この館は我々が1993年から中国内蒙古自治区他において沙漠緑化、イナ作などの技術転移、日中交流に多大なお世話・指導をいただいたフーチン先生(昨年夏57歳で逝去)への感謝を込めた「フーチン記念館」の思を込めております。

NPO法人日中資源開発協会「土・緑化・農・日中交流研修会」2017-1

参加人数:21名

NPO法人日中資源開発協会「土・緑化・農・日中交流研修会」2017-2

大江碩也氏

NPO法人日中資源開発協会「土・緑化・農・日中交流研修会」2017-3

杭田忠三氏

NPO法人日中資源開発協会「土・緑化・農・日中交流研修会」2017-4

中出喜美子氏

NPO法人日中資源開発協会「土・緑化・農・日中交流研修会」2017-5

脇本百合子氏

北國新聞掲載(2017年7月9日)

NPO法人日中資源開発協会「土・緑化・農・日中交流研修会」2017-6

★先頭に戻る

日中投資協力商談会(2017年7月25日)

7月25日、第1回目北京金融街富凱ビルの中銀亜銀投資会社本部で開催された日中投資協力商談会に、当協会理事長(長谷川和久(石川県立大学客員・名誉教授))および福井大学産学官連携本部客員准教授 福山厚子氏(当協会会員)が出席しました。

インフォーム株式会社社長和中清氏が日本側の代表を務める中国の農業開発プロジェクトへの技術協力を目的とした日中友好交流を行いました。

NPO法人日中資源開発協会「日中投資協力商談会」2017-1

和中氏(インフォーム(株))、福山氏(福井大学)、当協会理事長、
王氏(国家发改委中国投资协会新兴产业中心)、丁氏(中银亚银投资公司)他

★先頭に戻る

日中交流(2017年7月29日)

7月29日(土)四川省国際科学技術合作協会会長 梁晋氏、四川省林業科学研究院科技所副所長・副研究員 徐恵氏、四川省林業科学研究院科技所研究員 楊柳氏、同研究員 王麗華氏、会社社長 永田氏が、当協会を訪問され、日中交流を行いました。

NPO法人日中資源開発協会「日中交流」2017-1

向かって上段左から王氏, 楊氏, 福山氏(福井大学,当協会会員), 永田氏
下段左から林氏(金沢学院大学,当協会理事), 徐氏, 当協会理事長, 梁氏
※「中日友好」=毛沢東書道院校長直筆

NPO法人日中資源開発協会「日中交流」2017-2

交流会風景

NPO法人日中資源開発協会「日中交流」2017-3

県立大学果樹園(リンゴ)見学
職員山村氏より説明を受ける四川省研究員

NPO法人日中資源開発協会「日中交流」2017-4

★先頭に戻る

中国語講座

NPO法人日中資源開発協会「中国語講座」2017-1


参加人数:6名

★先頭に戻る

農業教室

NPO法人日中資源開発協会「農業教室」2017-1


参加人数:14名

★先頭に戻る

日中投資協力商談会(2017年9月6日)

9月6日、第2回中国北京市にて開催され、インフォーム株式会社社長和中清氏、福井大学産学官連携本部客員准教授 福山厚子氏(当協会会員)と日本振興株式会社環境事業部長 益村義幸氏が出席し、その会談の模様が中国の工匠中国网新聞に掲載されました。

中日投资合作洽谈会在北京金融街富凯大厦举行

2017年9月5-6日、中日投资合作洽谈会在北京金融街富凯大厦中银亚银投资公司总部举行。
2017年9月5-6日、日中投資協力商談会は北京金融街富凱ビルの中銀亜銀投資会社本部で開催された。

NPO法人日中資源開発協会「日中投資協力商談会」2017-2

向かって左手前から3人目和中氏(インフォーム(株))、
4人目益村氏(日本振興(株))、5人目福山氏(福井大学)
由日本INFORM公司和中清社长带领、日本京都商工会所原事务局长小堀先生、日本北陆电气工业株式会社小川部长、日本振兴株式会社益村义幸部长、工进利天泵(宁波)有限公司总经理长谷津先生、福井大学福山厚子教授等一行10人、就物联网设备用旋转发电机技术、精密水泵农业应用、土壤修复改良、太阳能电子栽植技术、有机肥生产等技术和商务与中方相关部门领导和专家进行了交流。
日本INFORM会社と中清社長に率いられて、日本京都商工会所元事務局長の小堀さん、日本北陸電気工業株式会社小川部長、日本振興株式会社益村義幸部長、工進利天ポンプ(寧波)有限会社の社長長谷津さん、福井大学福山厚子教授ら一行10人はモノのインターネット設備用回転発電機の技術、精密ポンプの農業応用、土壌修復と改良、太陽エネルギー電子栽培技術、有機肥料生産などの技術とビジネスを中国側関連部門リーダと専門家の交流を行いました。

NPO法人日中資源開発協会「日中投資協力商談会」2017-3

日本INFORM公司和中清社长特别向中银亚银投资公司提交了联合成立生态农业合资公司的企业策划书、双方重点就合资公司的股份结构、投资比例、运营模式、市场规模及合作协议等进行了深入的讨论、达成了共识。
日本INFORM会社と中清社長は特に中銀亜銀投資会社に生態農業合資会社の共同設立企画書を提案しました。双方は、合資会社の株式の構造、投資の割合、運営モデル、市場規模や協力協議等について深く検討し、コンセンサスに達した。

NPO法人日中資源開発協会「日中投資協力商談会」2017-4

国家发改委中国投资协会新兴产业中心王军主任、中银亚银投资公司李铜董事长、上海胜维有机肥科技公司总经理郭淑秋、台湾工业研究院赖衍寯博士等领导和专家参加了交流会。
国家発改委中国投資協会新興産業の中心王主任、中銀亜銀投資会社李トン会長、上海勝維有機肥科技会社の社長郭淑秋、台灣工業研究院博士などのリーダや専門家が今回の交流会に参加した。

参照:http://www.gjzgmh.com/domestic/2359.html

★先頭に戻る

第10回NPO講演会(金沢)

NPO法人日中資源開発協会「第10回NPO講演会」2017-1


参加人数:講演会・懇親会14名


NPO法人日中資源開発協会「第10回NPO講演会」2017-2

★先頭に戻る